30代のメンズ長財布!人気ブランドをランキングで一挙紹介!!

Image 230代になると、長財布への関心が一気に高まると言われていますが、どうせ買うなら長く愛用できるモノを買いたいですよね。ここでは、30代に絞って、人気の長財布ブランドをランキング形式で紹介させて頂きます。

30代になると、長財布への関心が高まりますが、それは、どうしてでしょうか?事実、多くの市場調査で、男性が長財布に興味を持つのは”30代が一番多い”と言われているそうです。

理由は「長財布はお金が貯まる」と言う都市伝説みたいな話を信じているからです。30代は、20代と違い、恋愛からお金への興味が急に高まりますから、その辺がまさに、影響しているのかもしれませんね。

「長財布を持つとお金が貯まるの?」

昔の優秀な経営者は、”お札アイロンにかけていた”なんて言う逸話があるくらいで、お金にシワができる事を極端に嫌っていたと言われます。

確かに、お金を大切にしていれば、お金は出ていかないと言われていますし、お金を大切にしたい人には、お金がよってくるような気がします。そう言った意味で、長財布はお金をピシッと整理できますし、お金の大切さを理解できるのかもしれませんね。

でも、どうせ長財布を買うなら、5年後、10年後と使えるモノを選びたいものです。長く長財布を愛用するには、良いブランドの長財布を選ぶ事が大切です。

ここでは、ブランドの流行に流されず、5年後、10年後と使える、30代におススメの長財布ブランドを紹介させて頂きます。

SPONSORED LINK

【30代の長財布はコレ】2015年人気ブランドランキング

それでは、30代に人気の長財布ブランドをランキング形式でまとめます。30代は20代と違い、高級感なモノを好みます。なので、ブランド色が強くなく、シックなのに高級感があるモノを選びましょう(ルイヴィトンやグッチはNG)

今回は、30代に限定し、人気ランキングを調査しましたが、ランキングの採点ポイントは、比較サイトとSNSで調べた独自調査をもとに作成しております。(2015年1月までのデータ)

【30代 長財布】人気ブランドランキング

  • COCOMEISTER(ココマイスター)

    Image 4

    出典:cocomeister.jp

    日本ブランドが堂々のランキング1位。口コミサイトなどで、悪い評判がほとんどない。創業は2009年とまだまだ新興ブランドですが、イギリス製のブランドレザーと日本人の職人が全て手作りで作る最高の一品。

    主に、5つの種類(ブライダル・マットーネ・ナポレオンカーフ・パティーナ・ゴートバーン)が用意されており、製造待ち状態の商品が多数。これは、全てが手作りで製造しているので仕方がないが、希少性をより一層高めている。

    中でも、コートバーンは圧倒的人気で、使用すればするほどツヤを増す革を使って作っている。値段はパティーナで21000円~。長く愛用する事を考えればコートバン(34000円~)の長財布を持ちたいところ。

SPONSORED LINK

  • ETTINGER(エッティンガー)

    Image 5

    出典:item.rakuten.co.jp

    個人的に言うと、当サイト一押しの長財布。ココマイスターの方が票数が多かったために2位にしたが、一番好きな長財布。外観はシンプルなデザインだが、内側は高級感ある黄色のレザーを使用している。素材は全て牛革のブライドルレザー。

    エッティンガーは、1934年にイギリスロンドンで創業され、主に革製品を扱う。凄いのは、イギリスの王室にも認められており、ロイヤルワント(王室御用達)の称号を持つ。

    こちらの長財布も全て手作りとあって、入荷待ちの商品も多く、希少性が高い商品です。コインとお札がわかれ、ファスナーがある長財布は特に人気があり、価格は52000円と少し高いが、長く使用できるので◎

  • WHITEHOUSE COX(ホワイトハウスコックス)

    Image 3

    出典:griffin.cx/

    1875年創業のホワイトハウスホックスですが、創業当初は、革で主に馬具用品を作ってた。その後、ペットの首輪などを製作し、現在の財布、バックなどをあつかうようになる。

    日本では取扱い店舗が800店以上あり、大人の男性から人気が高い。40代、50代になっても使う事ができるシックなデザインと使うごとにツヤが増すブライドルレザーを使用している。

    カラーバリエーションが豊富で、ブライドルレザーシリーズの他に、アンティーク、ホリデーライン、ダビーコレクションで選ぶ事ができます。おすすめは、ブライドルレザーで、44,000円~。

  • Camille Fournet (カミーユフォルネ)

    Image 6

    出典:cfjapon.co.jp

    女性用バックや時計のベルトを扱うカミユーフォルネですが、男性用長財布もおススメです。シックな黒のデザインからクロコ革の高級感溢れる長財布は、大人の男を演出するのにピッタリのアイテム。

    カミユーフォルネは世界的高級ブランドとして知られますが、フランス生まれブランドです。40代からの人気も高く、長く愛用したいと言う方におススメと言えます。

    長財布のカテゴリーはファスナー付き、お札専用財布、ファスナー付きお札入れ、ラウンドファスナー付き札入れと全部で4種類も、各種に豊富なカラーが揃っているので、自分好みの長財布が必ず見つかるはずです。

  • GANZO (ガンゾ)

    Image 7

    出典:ganzo.ne

    最後は国産ブランド『ガンゾ』。海外ブランドに人気が集中している中で、最近特に人気が高い長財布。特にコートバンの革を使用したファスナー付き長財布は20代の方のも支持され、長く使用できる長財布として評判が高い。

    革がコートバン使用の長財布は、ブラック、ダークブラウン、ダークグリーン、ネイビーが用意されており、裏地は高級感ある茶色で統一している。価格は4万円だが、一つ一つを日本人職人が丁寧に作りだした最高の一品。

    ランクは5位だが、国産ブランドが良いと言う人に特におススメしたい。その他にも、シンブライドルのアンティーク長財布、エキゾチックな『リザード5』が人気が高い。

ここでランクインしていなブランドに、ルイヴィトン、グッチ、ボッテガ、エルメスなどの候補に挙がりました。しかし、流行アイテムは、人気がある反面、5年後、10年後、使えるかと言うと疑問です。

私も若い頃、ルイヴィトンの財布に憧れ、4万円以上を費やし購入しましたが、今見ると、恥ずかしくて使えません。(ルイヴィトンが悪いと言うわけではないですよ。。)

ですが、20代の頃、「お洒落だな~」と感じても、30代になると「あれ?」と疑問を抱くようになります。(私は40代になっても使える長財布がほしいです。)

なので、30代になったら、ミーハー的感覚ではなく、デザインがシックで高級感があり、多くの方が知らないブランドでも、自分で価値観を感じられる長財布を選ぶようにしましょう。

以上です。

SPONSORED LINK

このページの先頭へ