靴の中の臭いを消す方法!消臭対策に効果的なのはどんな方法あるの?!

a0002_007747

自分の足からくさい臭いを嗅ぐと本当に嫌になりますよね。足は、年中、汗をかくので、靴の臭い対策は年中必要です。ここでは、靴の臭いの原因、対策。靴がにおわない水洗いの方法を解説させて頂きます。

 

SPONSORED LINK

外出先から帰ってきて、靴の中をたまに嗅ぐ事があるのですが、妙に靴の中が臭い時が最近あるんです。それで、靴下を脱ぎ、自分の足を嗅いでみるんですが、本当に臭くて・・

これは、靴の中が原因なのか、それとも足の臭いのが原因なのか・・・男性だったら一度は悩んだ事がありますよね。

若いころは、夏場に臭い時が多かったんですが、最近は、冬場も自分の靴の中が匂う時があって、自分でも改善しなければと思っていたんです。

それで自分なりの改善方法を検証してみたので、記事にしようと思います。

靴の中が臭くなる原因ってそもそも何?

靴の中が臭くなる原因とし考えられるのが、靴の中がムレるのが考えられます。ムレは、足汗からくること多いです。

よく女性が、長いブーツを履いて「足がムレる」と言いますが、ブーツは空気が全く足の中に入らないので、足汗が多くなりムレるのです。

もともと足は、汗がかきやすい場所と言われ、靴下や靴を履く事で、その量はさらに増します。夏場は、体全体の汗は増えますから、当然、足汗も多くなるのです。

また、ストレスが多くなっても、足汗は増えます。よく、暑くもないのに、尋常ではない汗をかくことがありますが、あれは緊張やストレスからくるものです。

足汗は年中かくもので、靴の中は、汗とムレが散漫しているため、臭いがきつくなりやすい場所と言えます。

次に考えられるのが、自分の足のにおいが”もともと臭い”と言う事が考えられます。足は、普通、臭いにおいがつきやすい場所ですが、しっかり洗っていない人が多いんです。そのため、靴の中には、雑菌が多くなり、日々、靴の中が臭くなっていると言えます。

SPONSORED LINK

靴の中のクサーい臭いを消す!対策方法とは?

靴の中の臭いの原因を理解したら、靴の中のにおいを消していきましょう。靴の中の原因は、自分の足汗ではなく、そこに溜まって雑菌が原因です。

なので、雑菌を靴の中から取り除き、自分の足を清潔にすることが重要です。足は元来、汚れがつきやすい性質があるので、清潔にする事を習慣づける事が大切です。

AKB48の川栄李奈さんは「足のにおいが臭い」と言われていますが、川栄さんの場合、もともとあった体臭ではなく、足を清潔にしていないのが原因です。

「靴のにおいが臭い」「足のにおいが臭い」と言うのは、必ず解消できます。まずは、それを習慣づける事を心がけるようにしましょう。

靴の中のにおいを消臭する①角質を除去してあげる

靴の中ににおいを消臭するには、まず自分の足を清潔にしましょう。自分の足には、汗で溜まった汚れの他に、角質も年齢と共に増えてきます。それらを綺麗にしましょう。

角質とは、足の皮が古くなって剥がれ落ちてくるものです。足の裏がザラザラする事があると思いますが、これは全て角質と言えます。

Image 2

この角質が溜まってくると、足クサの原因にもなります。なので、しっかり角質を取ってあげるようにしましょう。

Image 1
ベルベットスムーズ の電動角質リムーバーはこちら

ドクター。ショールムの電動角質リムーバーは角質を綺麗に取り除いてくれる商品です。このようなモノを使わなくても、角質除去はできますが、角質が酷い方は、こう言った商品を使ってみましょう。

靴の中のにおいを消臭する②爪や指の間を洗う

足の臭いのほとんどが、爪の中の汚れや指と指の間からきています。

なので、足の爪は定期的に、切るようにして、足と足の間は毎日、清潔に洗うようにしましょう。当たり前のことのようですが、これができていない人は多いんですよね。

ちなみに、足の指を洗う際、ボディーソープのようなモノで洗うのでなく、固形石鹸で洗ってあげる方が臭いが取れやすいです。マメ知識として覚えておいて下さい。

靴の中のにおいを消臭する③靴の保管を徹底する

最近は、素足で靴を履いている人は少ないと思いますが、靴を履く時は、ちゃんと靴下を履くようにしましょう。靴下がムレやすいと言う方は、1日の内に何度も変えると良いです。

あと、靴は1週間の内に、3足ほどでローテンションすると良いです。この時、履かない靴は、しっかり保管する事が大切で、消臭対策する事が大切です。特に女性のブーツはほったらかしにすると、ドンドン臭くなってくるので、以下で紹介する方法を試してみて下さい。

重曹を靴の中に入れる

要らなくなった靴下やストッキングの中に重曹を入れ、ブーツの先に入れます。重曹はくさい臭いを和らげる効果があり、上記動画のように重曹玉を作ってあげると効果的です。

靴の臭い消臭スプレーを使う

Image 5
スリムウォーク 靴のにおいケアスプレー ブーツ・パンプス用 180ml

ブーツなどを保管する場合、靴のにおいケアスプレーで消臭するようにしましょう。スリムフォークの靴のにおいケアスプレーは、女性の靴専用のイメージありますが、男性にも使う事ができます。類似商品としてファブリーズでも良いです。

あと、ミョウバンを水に混ぜ、消臭スプレーにする方法もあるそうですが、食品を靴の中に入れるのに抵抗がある人も多いと思いますので、ここではおススメしません。

靴の中のにおいを消臭する④靴の中を水洗いする

ここまで来たら、後は自分の履く靴のケアです。靴をローテションして交換する事を上記でお話しましたが、本当ににおいがキツイ靴は、靴を交換している時に、洗うと良いです。

また、靴は、暑い日が続くと、臭くなりやすいと言う声もありますが、雨で濡れ、ほったらかしにすると、靴の中に雑菌がたまり、臭くなりやすい傾向にあります。なので、雨の日に濡れた場合、そのまま放置するのではなく、洗ったり、靴の中に新聞紙を丸め靴の中に入れるようにして下さい。

スニーカーを水洗いする場合の方法

スニーカーを洗う手順は上記動画を見て下さい。非常に参考になります。上記動画では、スニーカーを洗う手順が詳細に解説されていますが、ここでは、乾燥の方法について解説します。

スニーカーを洗って乾燥させれる場合、水をよく吸収するタオルや新聞紙を靴の中に入れるようにしましょう。そうしないと乾燥するのが遅くなり、1週間近くかかってしまう場合もあります。

また、スニーカーは、なるべく外に干すようにしましょう。そうしないと、雑菌が入ってしまいますし、乾燥するのが遅くなってしまいます。この2点は気をつけて下さい。

革靴を水洗いする方法

最後に革靴の乾燥方法を解説します。「革靴って洗って良いの?」と疑問に感じる方も多いと思いますが、革靴は水洗いしても良いです。そうしないと、靴の中は古くなればなるほど、臭くなっていきます。

但し、乾燥方法だけは絶対に気をつけて下さい。革靴はスニーカーと違い、外干しすると色が変色していきます。なので、外干しするのではなく、日陰に干すようにして下さい。乾燥には時間がかかりますが、こうする事で、色の変色を防ぐ事ができます。

スニーカーと革靴は、手入れの仕方が若干違うので、注意して下さい。

まとめ

靴の中の臭いを消す事は、毎日、足を清潔にし、3ヶ月に最低一度は、靴を磨くようにして下さい。この一連の流れを実施すれば必ず、靴の中の臭いを消す事はできます。

靴や足と言うのは、意外なほどにノーガードで、清潔にしていない人が多いです。ですが、足の臭いは周囲に嫌な思いをあたえる事があるので気をつけましょう。

以上です。

SPONSORED LINK

このページの先頭へ