新商品も紹介!2018年 コストコのフードコートでおすすめ商品

コストコで買い物した後に、待ち合わせやちょっとした休憩に利用されるのが、コストコのフードコートです。コストコのフードコートは、コストコならではのボリュームが多いな商品が沢山あります。しかも、お手軽なお値段で食べ飲みができます。

サムネイル画像出典:http://www.costco.co.jp/p/product/foodcourt?lang=ja

メニューや人気商品は、度々入れ替わるので、「おすすめ商品はコレ!」と断言できませんが、フードコートで根強い人気のある商品を紹介させて頂きます。

SPONSORED LINK

コストコのフードコート食べたいおすすめ商品

ドリンク付きホットドック

フードコーナーで、一番最初におすすめしたい商品が『ドリンク付きホットドック』です。コストコのフードコーナーの定番商品です。特徴を一つあげるとすると、なんと言ってもその大きさです。

バンズの長さは、20cm近くあると言われており、中にはバンズをはみ出すほど長い極太ソーセージ(約113g)が入っています。

パンはふっくら甘く、中に入っているソーセージも肉汁がたっぷりで、美味しさの評判が高い商品です。マスタードとケチャップは勿論、オニオン、ピクルスもセルフサービスなので、自分好みにかけ食べる事ができます。

さらに、ドリンク付き(←おかわり自由)で、お値段がなんと180円と言う驚きの安さです。

プルコギベイク

コストコのフードコーナーで一番お値段が高い商品が420円で販売されている『プルコギベイク』です。

『プルコギベイク』も、とにかく量がハンパなく多く(←長さ約30cm)、中身がぎっしり詰まっており、その重さは一品で300g以上あります。

味の方ですが、こちらはコストコのデリカコーナーで販売されているプルコギビーフを使っており、甘辛い味付けになっています。

パン生地の中に、この柔らかいプルコギビーフとチーズがぎっしりしきつめられており、大変ボリュームな一品です。

価格:300円

クラムチャウダー

コストコフードコーナーで人気があるクラムチャウダーですが、こちらもコストコらしく、大きなカップにたっぷりクラムチャウダーが入ったボリュームある一品です。

クラムチャウダーの特徴ですが、スープがサラサラした印象なのに濃厚で、クリーミーで魚介風味な味わいになっております。また、温かいまま飲めるように、カップは蓋付きで渡してくれます。

具もしっかり入っており、じゃがいも、カットベーコン、貝類のようなモノが細かくカットされたモノスープに入っています。また、スープと一緒に食べれるように、クラッカーを2枚つけてくれます。

価格:300円

ガーデンサラダ

コストコのフードコーナーは、量も多いですが、一品でお腹いっぱいになる食べ物が多いです。そこで、おすすめなのが『ガーデンサラダ』です。

ガーデンサラダは、2015年頃から販売された商品ですが、フードコーナーでも人気が高い商品です。

価格は280円ですが、ボリュームがハンパなく多く(約230g)、量の多さも人気の秘訣です。

大きめな透明カップには、8種類の野菜が入っており、内容を見ていくと、ミニトマト・細切り人参・パセリ・パプリカ・レタス・きゅうり・大豆・レッドオニオンが入っています。

また、ドレッシングは別に用意されているのではなく、カップの底にあるので、これを混ぜて食べます。(ドレッシングはイタリアンドレッシング)

カットピザ

直径45㎝の巨大ピザを6等分した『カットピザ』。こちらは、1スライス300円で食べる事ができます。

当ブログでも記事にしておりますが、コストコの『ピザ』はデリカコーナーの超人気商品で、コストコ全体でも上位にランクインされるほど知名度があり、人気が高い商品です。

ですが、デリカコーナーでは、ホールのまま購入するので、小家族や「1スライスだけ食べたい」と言う方はなかなか手が出せませんでした。そのデリカコーナーのピザがコストコのフードコートでも食べれます。

関連記事
コストコ ピザの種類と値段から本当におすすめの商品を紹介!

コストコのフードコーナーで食べられるピザの種類は3種類で、コンボ、チーズ、ぺパロニを食べる事ができます。また、お好みでレッドペーパーをかけて食べる事ができます。

価格:1スライス 300円

SPONSORED LINK

ホットコーヒー

コストコのフードコーナーで販売されているコーヒーは、ワンコイン=100円で飲むことができます。

ホットコーヒーは、コストコで販売されている『カークランドシグネチャースターバックスローストハウスブレンドコーヒー』が使用されています。

ちなみに、ラテも飲めるのですが、こちらは『スターバックスのローストエスプレッソブレンド』を使用しています。こちらも、コストコ店舗で買えるモノです。

フードコートのホットコーヒーは、コンビニなどのレギャラーサイズの約2倍サイズと言われており、100円でとにかく大きいサイズのコーヒーを飲めるのも魅力の一つです。

チョロス

コストコのフードコートでは、テーマパークなどで人気のチョロスも販売されています。テーマパークなどと比べて、コストコのチョロスは、とにかく規格外の長さです。(⇔約30㎝)

ちなみに、冷食コーナーでも『チョロス』が販売されていますが、こちらは、長さが20㎝でフードコートのモノと比べると短めです。

気になるチョロスの味ですが、シナモンシュガーがたっぷりかかっており、そこまで甘くない味わいになっています。生地ですが、外はカリカリしているのですが、中はもっちりとした食感が楽しめます。

ソフトクリーム

コストコフードコーナーでは、北海道の牛乳で作られたソフトクリームも販売されています。濃厚な味わいが好評で、とにかく大きな透明カップに入って手渡してくれます。

北海道バニラとは別にミックスと宇治抹茶(2017年デビュー)も販売されており、200円で食べることができます。

コストコのフードコーナーの新商品ってあるの?

コストコのフードコーナーでは、時々ですが新商品が販売されます。

ソフトクリームの抹茶宇治は2017年に販売されました。

また、ここでは紹介していない『サンデー』や『スムージー』は季節が変わると、新しい味が販売されます。今回、ここで紹介しました『グラムチャウダー』は、リニューアルと言う形で生まれ変わった一品です。

更に、2016年には『チリビーンズホテト』、2017年には『チキンチャバタホットサンドイッチ』が新商品として登場して、話題を集めました。

コストコのフードコーナーの新商品は発売される度に話題になるので、コストコに行ったら、チェックしてみましょう。


以上、『新商品も紹介!2018年 コストコのフードコートのおすすめ商品 8選』でした。

SPONSORED LINK

このページの先頭へ