【画像あり】窓枠&サッシ(レール)を綺麗に清掃する方法

IMG_1279窓ガラスは勿論ですが、窓枠&サッシ(レール)が綺麗だと窓全体が綺麗に見えます。実は、窓掃除のポイントは、窓ガラスよりも「窓枠&窓サッシ」です。

 

ここでは、窓枠&サッシの清掃方法を解説させて頂きます。

前回、窓サッシの掃除に必要な道具を紹介してきましたが、今回は、窓枠&窓サッシの清掃方法を解説させて頂きます。

参考記事
窓サッシ(レール)を掃除!綺麗にするらめの必須道具7選

窓のお掃除をする際、窓ガラスのお掃除が中心になりがちですが、一緒に窓枠&窓サッシもお掃除すると窓全体が綺麗に見えますし、効率が良いです。

では、窓サッシ&窓枠の清掃方法を順番に解説させて頂きます。

SPONSORED LINK

窓サッシ&窓枠の清掃方法

清掃方法を解説する前に、窓サッシ&窓枠を清掃するちょっとしたポイントを解説します。

窓サッシ部分を清掃する際、ホースなどを使い,水洗いする方がいますが、実は、これはNGです。

水洗いで綺麗にできなくもありませんが、サッシ部分が水でびしょびしょになり、かえってサッシ部分を汚してしまいます。なので、サッシの清掃は水はあまり使わないようにしましょう。

①ハケブラシで乾いた汚れを掃き出す

まず、窓枠&窓サッシの埃、汚れ(=乾いた汚れ)は、ハケブラシで、汚れを掃き出します。

Image 2

ハケブラシがない場合は、100均のサッシ用ブラシでOKです。とにかく水を使わず掃き出してください。

⓶掃除機で吸い取る

ハケブラシやブラシで窓周りの埃を掃き出すとサッシ部分にゴミがたまります。このゴミを、掃除機で吸引しましょう。

Image 3

掃除機にスキマノズルをつけると、埃をしっかり吸引できますよ。

③アルカリ性洗剤で汚れを落とす

万能洗剤としてもお馴染みのアルカリ性洗剤ですが、窓枠&窓サッシの汚れを綺麗に落とす事ができます。

アルカリ性洗剤を窓枠、窓サッシにシュッとスプレーしていきましょう。

IMG_1268

アルカリ性洗剤でおすすめなのが『ブレークアップ』です。

Image 4
出典:
http://www.askul.co.jp/p/4025044/

ブレークアップは、万能洗剤なので、色々な箇所の掃除に使えますが、花王のキッチン用マジックリンでも代替可能です。

④サッシのみで溝を綺麗にする

アルカリ性洗剤をサッシ部分に撒いたら、サッシのみにタオルをまいて、この汚れを拭いていきます。

IMG_1275

サッシのみとは、窓サッシの溝を綺麗にする道具で、お掃除業者さんの必須道具です。

Image 5
画像出典:
https://www.ginnomoppu.com/

ご家庭には、『サッシのみ』はないと思いますので、マイナスドライバーを使って清掃してみましょう。

SPONSORED LINK

⑤小さ目のブラシで細かい箇所を掃除

サッシのみ(マイナスドライバー)で取り除けない汚れを小さ目のブラシで磨いていきましょう。使い終わった歯ブラシでもよいのですが、なるべく小さ目のブラシで磨いていくようにしましょう。

また、小さ目のブラシでサッシ鍵部分やも磨いていきます。

⑥ファイバータオルで拭き取る

ここでは、ファイバータオルを使い汚れを拭き取っていきます。

IMG_1272

汚れがまだある場合、もう一度、アルカリ性洗剤を拭きかけ拭き取っていきましょう。最後に、もう一度、掃除機で細かいゴミを取り除きましょう。

⑦水で洗い流す

雨などで、サッシ部分が濡れている場合があります。汚れが濡れている場合、ハケブラシと掃除機では取り除けない場合があります。

その場合に限り、水で洗い流してあげましょう。ホースを使うと水でびしょびしょになるので、ペットボトルに水を入れて、少量ずつ汚れを落とすのがよいです。

⑧埃やゴミを最後に掃除機で吸引

最後に埃やゴミを掃除機で吸引しましょう。
これで完成です。

IMG_1279

埃、ゴミが一切ない事を心がけて清掃しましょう。

IMG_1277

サッシの隅、溝に汚れがないように清掃しましょう。


以上、『【画像あり】窓枠&サッシ(レール)を綺麗する清掃方法』でした。

SPONSORED LINK

おすすめ関連記事
窓サッシ(レール)を掃除!綺麗にするらめの必須道具7選
本家と同等の実力!100円均一でおすすめのお掃除グッズ12選

このページの先頭へ