【運動編】強い血管を作る!運動で血管年齢を効果的に下げる方法

085eb100298ea549f18b239b4c0b7440_s強い血管を作る事は、食生活の改善と運動を取り入れる事で大きく改善されます。血管が老化すると血管が固くなり、いわゆる動脈硬化になる可能性が高くなります。

 

SPONSORED LINK

動脈硬化になると、血管が切れる!詰まる!症状に襲われ、血管病になる繋がります。血管病は最悪、突然死をまねく恐れがあります。

ですが血管年齢は、若くなり、強い血管を作る事ができます。

血管年齢を効果的に下げるには、前回解説した食生活の改善と運動を取り入れる事です。

関連記事
【食事編】強い血管で健康に!食べ物で血管が若返りできる7つの方法

今回は、運動で効果的に血管年齢を下げる方法を解説させて頂きます。

軽いストレッチから始めよう

運動で血管年齢を下げる方法は、いくつか方法があるのですが、継続的に運動をする事が大切です。つまり習慣にする事が第一歩です。

健康になろうとすると”あれもこれも”実施しようとする人もいますが、これだと継続する事ができません。なので、運動を習慣にする事を目標にしましょう。

運動を習慣させるためにおすすめなのが、軽いストレッチです。

普段運動をしていない方が運動を始めるのにストレッチはベストで、その他にも筋肉がやわらかくなる効果があります。

ストレッチの方法は色々ありますが、最初は、ふくらはぎを伸ばしたり、太ももを伸ばしたりするだけでOKです。

まずは、筋肉をやわらかくする運動をするのが大切です。

ながら運動で脂肪を減らそう

皆さんは、『ながら運動』をご存じでしょうか?

ながら運動を簡単に解説すると、テレビを観ながらでも、通勤しながらでも手軽に筋トレを実施できます。

通勤しながらダイエットの方法と効果

筋トレと聞くと、人によっては「出来るかな~?」「継続できるかな~」と不安が先行してしまう人もいますが『ながら運動』は運動慣れしていない方でも、手軽に始める事が可能です。

血管年齢は、脂肪がついたり、筋肉量が減ると血管にも影響していきます。なので、筋トレは血管年齢を若返らせるために必要です。ながら運動は簡単な筋トレで脂肪を減らす事が可能です。

SPONSORED LINK

寝ながら足上げ運動

ながら運動と一緒に摂りいれてほしいのが、簡単な足上げ運動です。

実施方法は簡単です。まず、仰向けになり寝そべり、両ひざを直角に曲げます。この時、腕はリラックスして下さい。

次に直角に曲げた両足を胸の方に引き寄せ、2秒~3秒この姿勢を保ちます。この時に腹筋に力を入れるのがポイントです。この動きを10回繰り返しましょう。

その他にも、仰向けになりか”寝ながら背泳ぎしたり””両腕と両足をブラブラさせる”のも効果的です。

寝ながら足上げ運動をする事で、運動不足を解消する事ができ、血管病を予防する事があります。

有酸素運動を摂りいれる

運動をする事は、血管を若返らせる効果がありますが、有酸素運動はその効果がもっとも高いと言われています。

有酸素運動とは、その名の通り、酸素を使った運動の事で、ウォーキング、サイクリング、軽いジョギングなどが代表的な有酸素運動です。

対して、酸素をほとんど使わない運動を無酸素運動と言います。代表的な無酸素運動が、短距離走、激しい水泳です。

無酸素運動は、心臓や血管に大きな負担をかけるので、血圧が急激に上がります。そのため、血管を強くするのに、効果はありません。

有酸素運動を摂りいれる事で血行が促進され、中性脂肪を少なくなります。さらに、血管が強くなって血管病のリスクが減ります。

少しずつで良いので、有酸素運動を摂りいれるようにしましょう。その場合、ウォーキングがおすすめです。


以上が、『【運動編】強い血管を作る!運動で血管年齢を効果的に下げる方法』でした。

前回、食事編で強い血管を作る方法を解説しましたが、運動と合わせて、食生活も改善すると更に強く若い血管を作る事ができます。
是非、チャレンジしてみて下さい。

関連記事
【食事編】強い血管で健康に!食べ物で血管が若返りできる7つの方法

SPONSORED LINK

このページの先頭へ