【食事編】強い血管で健康に!食べ物で血管が若返りできる7つの方法

29a2afd568cbfe129f9c243abf0a4e90_s血管が不健康になると血管が切れたり詰まることがありますが、このように血管が不健康になると脳梗塞なったり、脳出血になる可能性が高くなります。その他にも心筋梗塞になったりする可能性も高くなります。

 

SPONSORED LINK

年齢を重ねると血管が不健康になると思われるかもしれませんが、血管を若返らせる事は、普段の生活習慣で大きく改善する事ができます。

血管が老化すると、高血圧、脳卒中、心筋梗塞になる可能性が高くなります。なので、血管を強くし、血管を若返らせるようにしましょう。

ここでは、生活習慣の中で血管を若返らせ、食べ物で血管を強くする方法を解説させて頂きます。

無理なくカロリーをカットする

血管を若返らせ、血液をサラサラにするには、まずはカロリーのカットです。カロリーカットには、いくつかの方法があるので紹介させて頂きます。

まず、カロリーカットを実現するために大切なことは、腹八分目を意識する事です。

腹八分目にする事でカロリーを20%抑えられると言われています。

腹八分目を実現するためには、よく噛んで食べる事と食事の前に野菜を食べると空腹感を減らせる事ができます。

意識的に塩分を減らす

カロリーもそうですが、塩分の取り過ぎは血流が増えるので、高血圧につながります。その事で、血液の流れが悪くなります。

なので、血管を若返させるために、減塩を意識するようにしましょう。

「でも、減塩するのって大変そう~」と思うかもしれませんが、アイデア1つで減塩する事ができます。

例えば、塩分のほとんどが、調味料ですが、調味料をそのまま食材にかけるのではなく、小皿に調味料を入れて、つけて食べると減塩する事ができます。

摂りいれてほしい野菜と果物

塩分、カロリーを少なくする事は、若い血管を取り戻すためには大切な事ですが、血管を強くするために摂りいれてほしい食べ物もあります。

血管を若返らせるためには、摂りいれたい食材はいくつかあるのですが、その中でも、野菜、果物で摂りいれたい食材を紹介します。

まず、野菜はトマト、モロヘイヤ、カボチャの3つです。

トマトの中には、リコペンと言う成分が含まれており、このリコペンの栄養素が血管を強くするために強力です。

モロヘイヤとカボチャですが、こちらは、血管が強くなる食物繊維とβ-カロテンが共に豊富で毎日でも摂りたい食材です。

次に、果物ですが、こちらはリンゴとバナナがおすすめです。

リンゴは、高血圧を抑制する栄養素が豊富で、高血圧気味の人は勿論、強い血管を取り戻したい方にもおすすめです。

バナナは、果物の中でも手軽な価格で買えますが、栄養価が高いので、毎日でも食べたい果物としてもおすすめです。

SPONSORED LINK

積極的にカリウムを取り入れる

塩分を取り過ぎると血液の流れが悪くなる事をお話しさせて頂きましたが、塩分はついつい多くとってしまう事もあります。

塩分を取り過ぎてしまった場合、カリウムが含まれている食べ物を摂り入れるようにしましょう。カリウムが多い食べ物を下記にまとめています。

カリウムが多い食べ物
  • 野菜⇒パセリ、ホウレンソウ、小松菜、シソなど
  • きのこ⇒えのき、しめじ、エリンギなど
  • イモ類⇒さつまいも、ジャガイモ、さといも、やまいもなど
  • 果物⇒バナナ、りんご、プルーンなど
  • 海藻⇒昆布、のり、ひじき、わかめなど
  • その他⇒大根、納豆、こんにゃくなど

塩分を沢山取り過ぎたと感じたら、以上の食べ物を取り入れましょう。

カルシウムとマグネシウムを取り入れる

高血圧は、血管を縮めてしまうため、血液の流れを悪くしてしまいます。そこで、血管に優しいミネラルを取り入れる事で、血圧を下げる事ができます。

ミネラルの中でも、カルシウムとマグネシウムは血圧を下げる効果があります。カルシウムとマグネシウムが多く含まれている代表的な食べ物として。。

  • カルシウム⇒小松菜、ひじき、牛乳、チーズ、小魚、きな粉、など
  • マグネシウム⇒アーモンド、きくらげ、昆布、わかめ、ひじき、抹茶、

この他にも、カルシウム、マグネシウムが含まれている食べ物はありますが、ここでは代表的な食材をまとめています。

炭水化物を少なめにする

ご飯や麺類など炭水化物ですが、実は糖質が多く食べ過ぎてしまうと脂肪が増えます。脂肪が増えると血管が老化していきます。

若い血管を取り戻すために、炭水化物を極力減らすようにしましょう。

とは言っても、ご飯や麺類は食べないわけにはいきません。なので、少なめを意識するようにしましょう。

炭水化物を少なめにする方法として、『野菜や前菜からまず食べる』ことや『よく噛んで食べる』ことで炭水化物を少なめにする事ができます。

血管はEPAとDHAを摂ると強くなる

EPAとDHAは、青魚に多く含まれる栄養素ですが、EPAとDHAは血管を強くする栄養素として有名です。

また、青魚は血液をサラサラにする効果もあるので、血管年齢が高い方は積極的にEPAとDHAが多い青魚を食べるようにしましょう。

ですが、一人暮らしの方は、青魚を食べる機会も少ないと思います。そのような方は、健康食品で不足したEPAとDHAを補うと良いです。

また、オリーブオイルやココナッツオイルにもEPAとDHAを摂取する事ができます。オイルをサラダにかけて食べることで減塩にもつながります。


ここまで取り上げた血管を若返らせる方法は、日常生活で無理なく実施できる方法です。是非、試してみて下さい。

以上、『【食事編】強い血管で健康に!食べ物で血管が若返りできる7つの方法』です。

SPONSORED LINK

このページの先頭へ