長期保存も大丈夫!コストコで人気が高いお菓子を一挙紹介!!

Image 14コストコでは、洋生菓子のお菓子が人気ですが、長期保存も大丈夫な”袋詰めのお菓子”も大変おすすめです。海外から輸入した商品が多いので、食べた事がないお菓子が沢山あります。でも、何を買えば良いか迷いますよね。ここでは、コストコで人気が高いおススメのお菓子を紹介させて頂きます。

コストコは、賞味期限が1日か2日の洋生菓子が特に人気が高いイメージがありますが、袋や缶に入ったお菓子も人気があります。

コストコで扱っている商品が海外からの輸入品が多いので、国内では”見た事がない””食べた事がない”と言う商品が沢山あります。(勿論、国内メーカーのお菓子も大容量で破格の値段で販売されていますよ)

そのため、コストコで販売されているお菓子の売れ筋商品を把握しておくと、コストコへ行っても、すんなりと購入する事ができます。

そこで、今回は、コストコで人気が高い”お菓子”を紹介させて頂きます。

関連記事
【日用品編】コストコに行ったら買うべきおすすめ便利商品9選
【ドライ食品編】コストコで人気が高い!おススメできる商品一覧
冷凍保存も大丈夫!2015年コストコでおすすめのパンを紹介

ちなみに、コストコのチョコレート類に関してはおすすめアイテムが非常に多いので、ここでは厳選して紹介させて頂きます。チョコレートの時期になったら、チョコレートに特化した特集で紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

Minis Mix 1474g

Image-1.png
画像出典:http://item.rakuten.co.jp/

ミニチュアチョコは”美味しい”と言うより、そのお得感に人気が高いお菓子です。ネットで購入すると2729円しますが、コストコ会員の場合、1800円代で購入できると言います。

これだけ大量にあると、夏はチョコが溶けてしまう事が考えられますが、冷蔵保存で、夏場でも長期保存ができます。

1つ注意が、コストコのチョコ類は、夏場になると販売されない事が多いので、店舗販売されていない場合もあるので注意しましょう。

リンツ トリュフチョコレートボールアソート

Image-12.png

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/

お得感たっぷりのミニチュアチョコを紹介しましたが、今度は”絶対に美味しい”とおすすめできる『リンツ トリュフチョコレートボール』です。

こちらは、スイスのプレミアムチョコレートメーカー「リンツ」の商品で、国内の大型店舗ではまず販売されていない商品です。

コストコでも一時、売り切れ状態で「売っていない!」と言う声もあったほどです。(今でも、売ってい場合が多いそうです。)

ていうのも、コストコで販売されているリンツのトリュフチョコレートボールですが、5種類のアソートになっていて、これが600g入っています。ちなみに、ネット販売だと2000円~2400円ぐらいする商品なんですね。

これが、コストコ店舗会員だと、なんと1200円~1400円ぐらいで購入できてしまうそうなんです。これに多くのユーザーが「安い!」となり、今も売り切れ!店舗にあるとプレミアム感のように、すぐに売れてしまうようです。

ペパリッジファーム クリスピークッキー

Image-2.png

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/

国内のスーパーでも見かけるようになったペパリッジファームクリスピークッキーですが、コストコで購入するメリットはやっぱりお得感です。

国内スーパーでは、1個で販売されていますが、コストコは4個パックで販売されています。価格は変動しますが、4個で1100円以下で購入できます。ネットショップで1500円以上なので、店舗会員はお得ですよね。

但し、ペパリッジファームのクッキーは安売りクッキーとは違います。味は国内メーカーのクッキーを圧倒的に凌ぐ美味しさを体験できます。

プチパルミエールクッキー

Image-3.png

画像出典:http://costco.zaikoban.com/

プチパルミエールクッキーの出典画像を見るとラップ包装されているので、どんなクッキーなのか想像できませんが、簡単に説明すると”源氏パイ”です。

恐らく国内で販売されている源氏パイのイメージだと「デカッ」と誰も思う大きさで、38枚入りなので、結構な量に感じると思います。但し、国内メーカーより物凄く軽く感じるはずです。

カークランド ケトルチップス 907g

Image-4.png

画像出典:http://www.amazon.co.jp/

カークランドとはコストコのプライベートブランドのことですが、ケトルチップスは、コストコオリジナルのポテトチップスです。

こちらの特徴の1つが大きさです。とにかく、大きい!!

国内のポテトチップスが200gで販売されているのが通常ですが、カークランドのモノは907g入っています。(ちなみに、価格帯も若干高めです。ネットでは1000円代します・・)

口コミでは、「国内メーカーと比較にならないほど、味が濃くて美味しい!!」とい声が圧倒的に多いほどの評判です。

ですが、ケトルチップスを購入するのであれば、ネットではなく店舗で購入しましょう。ネットでは味が良くても、やはり圧倒的に割高です。

カークランド ジェリーベリー

Image 5

画像出典:http://www.amazon.co.jp/

ビーンズは、いくつかのフレバーを組み合わせる事で味がかわるため、種類が豊富だと当然、数百種類の味を楽しめます。

コストコオリジナルのジェリーベリーは、45フレバーあるので1Pで無限大の味を楽しめます。1P=1.8kg入っているので、一回買ったら一生かかっても食べられないような気もしますね。

SPONSORED LINK

オービル バターポップコーン

Image 6

画像出典:http://www.amazon.co.jp/

画像では伝わりにくいのですが、こちらはポップコーンがなんと32袋入っているポップコーンです。1袋93gあるので、「国内で1家族で食べられるの家庭ってあるのかなぁ~?」と疑問に思うほどの容量。

ちなみに、国内のコストコでは売り筋で、ほとんどのユーザーがシェアして食べているとも言われています。

5分で簡単に作れ、味がオーソドックスで美味しいと言うのが人気の秘密のようです。勿論、コストコ会員は割安です。

ピロリン チョコレート ロールウエハース

Image-7.png

画像出典:http://costco-delivery.shop-pro.jp/

コストコの商品は、1本、1個で計算すると国内メーカーのモノより割安なんですが、購入者の中には「食べられるかなぁ~」と不安に感じてしまう方もいます。

なので、「アレもコレもお得でおススメです!」と紹介できないのですが、ピロリンのロールウエハースは容量が多くてもおススメできます。

国内でもロールウエハースは販売されていますが、チョコが少なく、空洞が目立つ印象があります。ピロリンのロールウエハースはチョコがロール内に詰まっており、そのため1本1本の容量が重たいのです。

これなら900g入っていますが、飽きずに食べれそうですね。但し、夏場は溶けてしまう場合があるので、冷蔵保存して下さいね。

カークランド ミックスナッツ

Image-8.png

画像出典:http://www.amazon.co.jp/

最近は、国内でもミックスナッツ1kg以上のモノは普通に販売されているので、わざわざ、コストコのミックスナッツを購入しなくても良いのですが、コストコでは、カークランドのミックスナッツは大人気商品です。

理由は国内のモノより味がしっかりしているのが理由のようです。国内メーカーのミックスナッツって少し、物足りないと言うか「味が薄い!」と思う事って多いですもんね。

フーディズ ハニーロースト カシューナッツ

Image 9

画像出典:http://www.amazon.co.jp/

カーシューナッツにハチミツで味付けされた商品が、フーディ―ズのハニーローストカシューナッツです。国内メーカーでは似たような商品はありません。

割安感が人気の理由になる事が多いコストコ商品で、ハニーローストはは単純に「美味しい!」と言う理由で人気が高い商品です。

マリアー二 ビーフジャーキー

Image-10.png

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/

国内で販売されている定番ビーフジャーキーは1袋100gが通常です。でも、この容量だと物足りないと感じるユーザーも多いと思います。

コストコで販売されているマリアーニのビーフジャーキーは250gの大容量で、100%オージービーフ使用なので、スーパーで購入するモノと比較すると物凄い柔らかいです。

ブルックサイド アサイー&ブルーベリーダークチョコ

Image-11.png

画像出典:http://item.rakuten.co.jp

ブルックサイドのアサイー&ブルーベリーのチョコは、アサイ―とブルーベリーの果実をグミ状にして、それをビターチョコレートで包んでモノです。

人気の理由は色々あるのですが、一つは果実部分がグミ状になって所で、上手くチョコレートと合わさっている所です。

コストコではアサイ―に関連する商品が沢山ありますが、その中でチョコレートも非常に人気が高いジャンルです。

少し量が多いですが、これはコストコ品であれば仕方がないですね。長期保存できるので、ゆっくりゆっくり食べていきましょう。


以上、『長期保存も大丈夫!コストコで人気が高いお菓子を一挙紹介』の記事でした。

コストコの商品はとにかく大容量です。そのため1個1個のお菓子を国内メーカーと比較すると大変割安になります。しかし、大容量と言う事から「食べきれない!」と思うユーザーも少なくありません。

が、コストコのお菓子のほとんどの商品がジッパー付きで長期保存を考えた袋を使っています。なので一気に食べようと思わず、少しずつ色々なお菓子を食べるようにしていくと良いですよ。

SPONSORED LINK

サムネイル画像:https://www.costco.co.jp/p/product

このページの先頭へ