資本金100万円以内で成功できる『起業アイデア』を考えてみた!!

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s「起業ってするのって難しそう~」と考える方は多いですが、実は起業することって、そんなに難しい事ではありません。元手100万円もあれば、起業アイデアは沢山あります。ここでは、自己資本100万円で出来る『起業アイデア』を考えてみました。

”起業”と聞くと難しいイメージを持たれる方は多いですが、起業すること事態、けして難しい事ではありません。

経営が本当に難しいのは”事業を継続すること”であって、起業=独立する事は誰でもできます。

私は、2回目の事業に失敗し、自己破産していますが、それでも起業することはできました。⇒『起業して失敗しないための方法』はこちら

但し、「起業アイデア」が奇抜すぎたり、事業を立ち上げる際に、元手が多額に必要な事業の場合、失敗するリスクがあります。

私は起業する際、使ってよい金額と言うのは、運転資金と設備資金で100万円だと思っています。

勿論、マーケティグがしっかりしていて『絶対に成功できる!』と言う確信があれば良いのですが、そんな事業ははっきり言ってありません。

創業の際の資金調達は意外に簡単です。ですが、失敗した時の事を考え、まずは100万円で始められる事業を考えましょう。

ここでは、自己資本100万円以内で独立できる『起業アイデア』を紹介させて頂きます。

SPONSORED LINK

起業アイデアを考える際に大切な事とは?

起業アィデアを考える際「その事業に、需要があるのか?」と言うことが大切と言われていますが、私はそうは思いません。

起業時に”需要ある”業種を考えてしまうと、自分の資金=自己資本だけでは到底できないアィデアばかり浮かんできます。

需要は自分で生み出す=創造する事ができます。

つまり、どんなに成熟産業でも、競合が多くても、集客さえする事が出来れば、事業として成立してしまうのです。

どういうことかと言うと、自分独自の新しいビジネスを考えるよりも、誰もが考えるビジネスからニッチな部分を探した出す方が楽と言う事です。

勿論、誰もが考えるビジネスは、競合が増える可能性がありますが、在庫と固定費さえ少なければ、なんとでもなります。

なので、在庫が少なく、自分一人で始められるビジネスで、失敗しても100万円ぐらい損失で抑えられる事業を考える事が大切です。

では、早速、起業アイデアを紹介していきます。

清掃ビジネス

清掃ビジネスと言っても、戸建の住宅をターゲットにするのではなく、マンションやアパートの立ち退き清掃をやる方法です。

住宅をターゲットにしてしまうと、広告宣伝費もかかりますし、大手FCと競合してしまうので、集客に苦労します。

マンションやアパートのハウスクリーニングは管理会社が個人事業主にアウトソーシングしているのが通常です。

アパートのハウスクリーニングは1Kで1万5千円ぐらいが相場です。1Kであれば1日で終わるので、十分事業として成立します。

当然、間取りが広くなると、1件の単価はあがります。なので、自分一人でやる事ができれば開業時から生活費を稼ぐ事もできます。

但し、エアコン清掃と窓、キッチン周りの清掃は専門知識が必要なので、最初は開業支援サービスを受けるのが良いです。

便利屋

都心では便利屋が数多くあるのですが、地方ではまだまだ競合も少ないのが現状です。

私が住む場所は人口10万人規模の小さな街ですが、便利屋は1件しかなく、私も依頼した事があるんですが、予約から1ヶ月待ちだそうです。

便利屋と聞くと、スキルを学ぶのに難しいそうなイメージがありますが、格安のFCもあるので、そこに加盟するのも良いかもしれません。

おすすめ便利屋FCはこちら
⇒探すフランチャイズ『町の便利屋さんファミリー』はこちら

SPONSORED LINK

出張マッサージ

店舗を構え、紙媒体で集客するマッサージ店は多いですが、店舗経営は費用もかかりますし、競合が多いので新規参入は難しいイメージがあります。

しかし、出張マッサージにする事で、新規参入を可能にします。

出張マッサージは、初期費用がほとんどかかりませんし、毎月の固定費は広告宣伝費のみになります。

実際にHPだけで集客している方もいるぐらいで、HP集客が成功すれば、ほとんどリスクがかかりません。

「地域名+マッサージ」で上位表示することはさほど難しくないので、HPだけで集客する事も十分可能ですね。

私の祖母も出張マッサージを利用していますが、広告のポスティングとHP集客、口コミだけで予約は埋まっているそうです。

あと、旅館などが近くにあれば、一角を間借りして、サービスを提供する事もできます。(勿論、営業力は必要ですが・・)

これは当然のことですが、間借りした時に、固定費で支払うのではなく、売上げからパーセンテージを家賃として支払うと言う契約をしていれば、

固定経費が一切かからない経営が実現できます。

営業代行

中小企業は、営業マンが不足しています。営業は雇用してみないとわからないので、経営者は営業を雇うのに慎重になります。

また、中小企業は営業を育成し長年雇用するのが難しいが現状です。

中小企業をターゲットにした営業代行は大手には参入しにくく、あなたにもし営業能力があれば、非常にチャンスな業種です。

完全成果報酬でサービスを提供すれば、受け入れてくれる会社は必ずあるので、事業として成立する可能性は高いと言えます。

テレアポ代行

ネット集客ができる事が大前提ですが、テレアポ代行もリスクなく始められるビジネスモデルです。

営業代行は完全成果報酬が基本ですが、テレアポ代行の場合、アポイント単価と成果報酬単価を見込む事ができます。

顧客リストは、顧客が用意してくれますし、自分でリストを作成する場合は、別途費用を頂けるのも利点です。

テレアポノウハウを身につける事は必須ですが、電話の設置費用とHP制作代金だけで開業できるのも魅力の一つです。。

もし、広告宣伝費にお金がかかるのであれば、大手テレアポ会社の仕事を請け負う事も可能です。

パソコンの修理屋

こちらも店舗を構えるのではなく、大手家電量販店の下請けとして顧客を獲得します。

勿論、大手家電量販店の顧客を引き継ぐ事はできませんが、こうすることで、頻繁に仕事が回ってきます。

パソコンに詳しい事が第一条件ですが、研修制度を設けているFCも数多くあるので、起業するハードルは低いです。

FCによっては初期費用が一切かからない、月額制サービスを設けている会社もあるので、FCに加盟するのも視野に入れましょう。

ちなみに、私も大手量販店経由でパソコン修理を依頼したのですが、店舗を構えなくても、全然収入になっているそうです。

おすすめパソコン修理FC会社
パソコン修理代行『パソコンドック2』へのアクセスはこちら

創業融資代行

創業する際、日本政策金融公庫の融資と保証協会付の融資を受ける事ができますが、ある一定条件をクリアすれば、誰でも融資を受ける事が可能です。

しかし、起業を始めたばかりの人は、創業で融資を受けるのは初めての体験です。そのため融資を受けるまでに不安を感じている人は多いです。

そこで、創業融資に特化したコンサルを行います。

私もコンサルを頼もうと思ったのですが、書籍を読んだけで満額融資を獲得する事ができました。これは驚くほど簡単でした。

でも、起業を考えている数人の友人に聞くんですが、「創業融資は難しい!コンサルを頼みたい」と口を揃えて言います。

なので、そこに需要がある事は間違いありませんし、一度融資経験があれば、誰でも、創業融資の代行はできます。

飲食の移動販売

起業時に店舗を構えて飲食店を始める事には、あまり賛成できませんが、それが、飲食の移動販売だったら十分参入の余地はあります。

但し、厨房機器を取り揃えてある移動販売用の中古車に、最低でも70万円は必要です。運転資金を考えると資本金100万円ではムリです。

そこで、創業融資サービスを受ける準備をしましょう。

もし、飲食店で3年以上経験があり、資本金が100万円あると言う場合、創業融資で融資を獲得するのは十分可能です。

事業計画書の出来にもよりますが、資本金の2倍までなら資金調達は十分可能だと思います。(上限は自己資本の3倍が目安)

あと、移動販売をするなら、高速道路のパーキングエリアがおススメです。最近のパーキングは多くの集客が見込めます。

場所代も売り上げの10%~20%にしているパーキングが多いので、敷金礼金や毎月の家賃を支払う必要もありません。

場所が、10%場合10万円売上げて1万円なので、材料費と光熱費を引いても十分営業利益が確保できますね。

中古移動販売車おすすめサイト
クルマ・ポータルサイト『Goonet』へのアクセスはこちら

せどりで起業する

現在、ネットビジネスは数多くありますが、もし自己資本が100万円あるのであれば、せどりはおススメです。

「せどりはオワコン!!」

「せどりの新規参入は難しい!!」

ツイッター上では、このように言われていますが、全くそんな事はありません。今でも、十分に収益になります。

ノウハウ的にも、アマゾンとブックオフの価格差と平均ランキング、レビューの数だけをスマホで確認するだけなので、簡単です。

但し、せどりラーにとって、新規参入者の増加は、稼ぎにくくなるだけなので、参入者を増やしたくないのが本音だと思います。

また、せどりは在庫を抱えます。そのため、少し売れないと「もう、せどりは終わった」となってしまう訳です。

中には、「せどりなんて副業でやるモノだ!!」なんて言う人もいますが、一般サラリーマンより収入がある人なんてゴマンといます。

もし、自由に使えるお金が100万円あるのであれば、せどりで起業するのもムリなく始められるので、とても魅力的なビジネスかもしれません。

記事代行サービス

ネットですぐに収入になるビジネスとして記事を代行するサービスがあります。HP制作会社やブロガーが記事の外注を依頼するんですね。

最近では、1記事単価も以前より相場が高くなっていまし、成果報酬型クリック広告サービスのインセンティブも運営者から頂く事も可能です。

記事を書く事が好きなと言う事が大前提ですが、在宅で起業したいと考える人には最適なビジネスです。

おススメのクラウドソーシング
『クラウドワークス』へのアクセスはこちら

まとめ

以上が、自己資本100万円で始められる『起業アイデア』です。

移動販売に関してだけ、自己資本100万円を超えてしまいましたが、この場合は設備投資なので、創業融資制度を活用しましょう。

創業融資は低金利で無担保で借りる事が出来るサービスです。起業時を逃してしまうと、創業融資対象外になってしまいます。

なので融資を考えるのであれば早めに行動するようにしましょう。

創業融資を受ける際には、色々条件がありますが、融資を受ける目安として・・

  • 他会社に借入がない事
  • 起業する事業が3年以上の経験があること
  • 融資額が自己資本の3倍であること
  • 事業計画書をしっかり作成できること
  • 家族の協力・同意があること

この5点の有無を目安に融資を受けるのか検討して下さい。

但し、前回もお話しましたが、創業時で融資を受ける際は、慎重になって考えましょう。借入が返済できないと言う事は、その事業を継続できないと言う事を意味します。

リスクを最小限に抑えたいと言う方は、自己資本内で始められる事業を選びのが無難です。あと、起業する際、最低でも100万円は必要です。

どんなに元手がかからくても、ビジネスが軌道にのるまでは一定の時間が必要です。その期間を自己資本で補わければいけません。

起業する事は、けして難しい事ではありません。ですが、事業を継続していくことは至極大変です。

なので、長く長くやろうと思えば、十分な体力=お金を早いうちから備えるようにしましょう。

以上です。

SPONSORED LINK

このページの先頭へ