北陸新幹線で金沢へ!おすすめの観光スポットを一挙紹介!!

95c028208414176c671eb0bb91ecfd82_m2015年3月14日にいよいよ北陸新幹線が開業しますね。私も「北陸新幹線が開通したら、金沢に行ってみたない~」と思っていたのですが、どこを巡るべきか調べていたんです。そこで、今回は金沢おススメ観光スポットを紹介させて頂きます。

3月は難しいかもしれませんが、今年は北陸新幹線に乗って「金沢に行きたいなぁ~」と思っています。

運営者は長野に住んでいるのですが、金沢には縁がなく、今まで行った事がない地域なんですよね。長野県はタテに長いので、長野市まで行くのにも時間がかかるのですが、金沢へ行く場合、長野市から電車で3時間弱かかりました。

これって、かなり不便!でも、北陸新幹線(かがやき)が開通される事で、1時で行けるようになります。ミーハーな運営者は、直ぐにでも金沢で旅行したい!でも、実際にどこに行ったら良いのか?

私のように、北陸新幹線に乗って金沢へ行きたいと思う方は多いと思いますが、実際にどこへ行ったら良いのか迷う人も多いと思います。そこで、今回は、私が金沢へ行くなら、この場所は行きたいと思うスポットをまとめてみます。

SPONSORED LINK

北陸新幹線で金沢へ行く!おすすめ厳選スポット‼

北陸の中心的位置にいると言われる石川県金沢市。よく「出身は?」と聞かれると「石川県‼」と言うのではなく、「金沢‼」と答える人が圧倒的に多いと言います。

ちなみに、金沢市に住んでいなくても石川県の人は金沢と言うそうです。これは、本当かどうかわかりませんが。。

そんな金沢ですが、住みやすい町としても知られ、地震や台風の被害が全くない地域として知られています。北陸新幹線の開業で、今後は都心から金沢へ移住する方も増えてくるかもしれませんね。

でも、金沢へ行ってどこへ行けば良いの?

そんな方のために、ここでは、金沢へ行ったら必ず行くべき、おすすめスポットを紹介させて頂きます。

金沢駅

9a8a2305ade9a19d81792b4dba106f13_m

金沢の玄関口である金沢駅。
東広場には金沢を訪れる人に差し出す雨傘をイメージし、おもてなしの心を表わしたガラスのドーム「もてなしドーム」があります。地下には情報コーナーやイベントスペースがあり、多彩な催しが行われます。

また、その正面に構えるのは、伝統芸能に使われる鼓をイメージした「鼓門」。金沢の新しいシンボルとして親しまれています。

参考文献:金沢旅物語「金沢駅」より

北陸新幹線で金沢へ行ったら、金沢駅そのものが観光スポットです。金沢駅は、アントワープ駅やセント・パンクラス駅が選ばれた”世界で最も美し駅”に日本で唯一選ばれた駅として有名です。(2005年に完成)

更に金沢駅には、おみやげやグルメが楽しめる『金沢百番街 あんと』が併設されており、金沢の銘菓『森八』の羊羹や『中田屋』のきんつばを購入できます。『森八』の羊羹は金沢の有名和菓子としてかなり知名度があるので、手土産に買って行きたいですよね。

⇒金沢駅にあるショッピングモール『あんと』の詳細はこちらから

金沢駅周辺には、その他に、”いいね金沢”や”ようこそ金沢へ”と掲示される噴水時計や渋谷のハチ公前のような待ち合わせスポット『やかんのオブジェ』も金沢駅の近くにあるので、立ち寄って写真におさめましょう。

ちなみに、噴水時計の場所とやかんのオブジェは共に、金沢駅東口を降りたところにあります。

金沢城公園と兼六園

522b79668186635f85241b3c5e6d275d_m

水戸偕楽園(かいらくえん)、岡山後楽園(こうらくえん)とならぶ日本三名園の一つ、兼六園。兼六園は江戸時代の代表的な大名庭園として、加賀歴代藩主により、長い歳月をかけて形づくられてきました。

金沢市の中心部に位置し、四季折々の美しさを楽しめる庭園として、多くの県民や世界各国の観光客に親しまれています。

参考文献:文化財指定庭園特別名勝『兼六園』より

金沢城公園にある兼六園は、金沢へ行ったら、絶対に行くべきスポットです。ミシュランガイドでは三ツ星を獲得しており、日本では3大名園として知られます。

金沢城公園内には他にも見所が沢山あり、兼六園と金沢城を結ぶ『石川門』は、重要文化財にも認定されている名所です。春になれば、石川門に桜が咲き、夜間にはライトアップされるので、お花見シーズンに是非行きたい場所ですね。

その他にも、金沢城公園の中央にある『五十問長屋』や『橋爪門続櫓』は創りが圧倒的スケールなので、金沢城公園へ行ったら、是非立ち寄ってみましょう。

あと、冬の兼六園もおススメです。冬になると兼六園では、庭の木を守るため、雪吊りとというモノを実施するのですが、この雪吊りが冬の風物詩として人気があります。 雪吊りは夏場でも木に実施していますが、雪が降った時の方が見どころがあります。雪吊りと言っても、イメージできないと思うので、下記にツイッターからの投稿を引用させて頂きます。

兼六園に行ったら、雪吊りをしっかり写真におさめましょうね。

金沢城と兼六園のアクセスと詳細

  • 住所 金沢市小将町1-53
  •  電話 076-263-1814
  • 開園時間 7時~18時(3月1日~10月15日)
  • 開園時間 8時~17時(10月16日~2月末)
  • 入園料 大人310円/子供100円(6歳~18歳未満)

金沢 近江町市場

8878305bf4a1d7baa5f3a027555bd698_m

金沢駅から歩いて15分の場所に、”金沢の台所”と言われる近江町市場があります。こちらの市場では、金沢のブランド野菜”加賀の野菜”が充実しており、新鮮なお野菜を買う事ができます。勿論、鮮魚がメインですが、お魚と一緒にお野菜売り場も行ってみたいですよね。

また、金沢の能登牛が売られている精肉屋さんもあるので、金沢の新鮮な生鮮3品はこちらの市場で全て購入する事ができます。更に、鮮度抜群の海の幸を使った海鮮丼は、観光に行ったら、是非食べてみたい一品です。

マジで、こちらの海鮮丼、上手そうですね~。

こちらは、どんぶりからお魚が溢れそうなボリュームです。築地でも、これだけボリュームがある海鮮丼は少ないと思います。(ちなみに私は、築地内で営業をしていた事があります。)

金沢の台所『近江町市場』へのアクセスと駐車場はこちら

ひがし茶屋街

42dd1638a476f0c8d5f341ed3cc51d86_m.jpg

卯辰山山麓を流れる浅野川の川岸には、今でもキムスコ(木虫籠)と呼ばれる美しい出格子がある古い街並みが残り、昔の面影をとどめています。

灯ともし頃にもなれば、今でも軒灯がともる茶屋から三味線や太鼓の音がこぼれてきます。五木寛之著「朱鷺の墓」の舞台としても知られています。

また、平成13年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、「街並みの文化財」として保存策が進められています。

参考文献:金沢物語『ひがし茶屋街』より

金沢には古くから残っている茶屋街が3つあるのですが、その中で特に大きな茶屋街が”ひがし茶屋街”です。 観光スポットとしても有名な浅野川が間にあるので、茶屋街を散歩するだけで、色々なスポットを楽しむ事ができます。

ひがし茶屋街では、歴史が感じられる古風あるお店が立ち並んでいますが、和菓子や美味しいスイーツが食べれるのお店が沢山あるので、立ち寄ってみましょう。

SPONSORED LINK

金沢21世紀美術館

https://www.kanazawa21.jp/

Image 2

外観が昼と夜で全く変わってしまうと言われる『金沢21世紀美術館』。カップルで行けば彼女に喜ばれる事、間違いなしのスポットです。

見所は沢山あるのですが、プールの中に入ってるような感覚になるレアンドロ・エリックの『スイミング・プール』は大人気エリアとしても有名です。

これ、どう見ても、プールの中に入ってるみたいですよ~。 もう一つ、おすすめが、ジェームズ・タレルの『ブルー・プラネット・スカイ』。こちらは『光の宿』とも言われており、大きな箱の中から、青空が一望できると言う芸術作品です。

この作品はツイッターの中でも、投稿者が「行ってみたい~」と言う方が多く、写真でツイートすると、反応がかなり高いと思います。私も21世紀美術館に行ったら、絶対に行ってみようと思います。

尾山神社

画像出典先:http://www.oyama-jinja.or.jp/walk/index.html

Image 3

前田利家公を祀らる神社として有名な尾山神社は重要文化財にも指定されている金沢の名所です。

見所は沢山あるのですが、尾山神社の入り口『神門』は春になると桜で一杯になり、シーズンになると多くの観光客が訪れることで有名です。

天井近くにはステンドグラスで色鮮やかな設計になっており、古風+洋風な作りが、他の神社と全く違う風景だと言います。

長町武家屋敷

画像出典:http://chisama.seesaa.net/article/120465158.html

Image 4

長町界隈は、かつての藩士が住んでいた屋敷跡であり、土塀の続く町並みの中では今も市民生活が営まれています。石畳の小路を散策すれば、当時の雰囲気がしのばれます。

参考文献:金沢物語『長町武屋敷』より

『ひがし茶屋街』と『にし茶屋街』と共に、金沢に古風な町並みが残る『長屋武屋敷』。こちらも観光名所として、おススメのスポットです。

特に、武屋敷跡野村家は、一般公開されている武家屋屋敷で、加賀藩士で前田家の重臣野村伝兵衛信貞氏の屋敷だったそうです。野村家の武家屋屋敷はミシュランガイドで二つ星を獲得しており、アメリカのジャパニーズ・ガーデンで3位を受賞しています。

更に、長屋武屋敷では『俵谷あめ店』と言うお店があり、ここは金沢で一番古いあめ屋として有名です。この場所も金沢へ行ったら、是非行ってみたい場所ですよね。

以上、北陸新幹線で金沢へ!絶対に行くべきおすすめの観光スポット‼でした。

最後に一言。金沢市は「都会と田舎が融合したような地域」と言う方がいます。これは確かに!と思いました。金沢の中心地「香林坊」は109や有名セレクトショップがある都心ですが、少し車で走ると緑が沢山ある地域です。

なので、旅行で行くのは勿論、今後は「金沢に住みたい!」と思う方もドンドン増えてくるかもしれませんね。

SPONSORED LINK

このページの先頭へ