2015年プロ野球 順位予想!今年のパリーグ優勝はどこのチーム?!

1ff0f2cc985f3f199ff4430f9681c8ce_mソフトバンクの工藤新監督や松坂大輔選手、中島裕之選手、田中賢介選手の日本球界復帰でも盛り上がっているパ・リーグですが、どこが優勝するのか?野球オタクの運営者が独自の視点で、順位予想してみました。

 

星野仙一監督が楽天を退団して、どうでも良いや~と思っているパ・リーグですが、私なりに、戦力分析とオフの補強から優勝&順位予想をしてみました。

あっ、どうでも良いや~と言ってもマジで予想しますのでヨロシクです。ちなみに、私は、毎日、スポーツ新聞を読み、プロ野球マガジンを毎月買っている野球オタクです。

オタクと言っても、全ての選手を把握している訳ではありません。前回、セ・リーグの順位&優勝予想を書きましたが、知らなかったトレード情報も記事を書いた後に、わかりました。

関連記事
2015年プロ野球 優勝&順位予想!セリーグの戦力を徹底分析‼

でも、本当の大型トレードや海外から有名選手が帰ってこない限り、野球の戦力は変わらないと言うのが本音です。

正直、プロ野球は監督の戦術や戦略で勝てる時代は終わりました。優勝を予想するのに一番大切な事は、チームの総合力です。

なので、私はまだまだ知名度がない選手が移籍したからと言って、記事を書き直すつもりはありません。何が言いたいかと言うと、現時点での戦力で順位は予想できると言う事が言いたい。

優勝予想が難しいのは、知名度のない若手がいきなり活躍したり、ベテランが思うように結果が残せなかったりするためです。私もそこまでは読めません。なので、ここまでの戦力で自分なりの順位予想している事をご了承下さい。

では、早速、パ・リーグの順位予想をします。セ・リーグ編より簡潔に書きますが、しっかり分析しますので、宜しくお願いします。

SPONSORED LINK

ソフトバンクホークス

最近、ソフトバンクが昔の巨人と被ると思っているのは運営者だけでしょうか?正直、良い投手人がゴロゴロいるのに『なぜ、大輔さん?』と思ったのは僕だけではないはずです。

昨年の日本シリーズを見て改めて感じましたが、ホークスには武田選手や大隣選手のような軸になれる投手は沢山います。去年はそこに、スタンリッジ選手や中田選手が加わったので強いのは当たり前です。

松坂大輔選手の活躍を不安視する声もありますが、仮に活躍できなかったとしても、余裕で優勝を狙えるのが、今のホークスだと思います。

2014年 ホークスの主なチームデータ
打率 本塁打 防御率 失点 得点 盗塁
.280 ① 95 ⑤ 3.25 ② 522 ② 607 ① 124 ③

運営者がチームを順位予想をする際、特に大切にしているのが、防御率なんですが、ホークスはパ・リーグ2位です。

余裕で1位になれそうな投手陣ですが、昨年はエースの摂津選手が3.90、中田選手が4.34とイマイチ、パッとしませんでした。摂津選手で最低2点台後半、中田選手で3点台前半はキープしたいところ・・・。

但し、来年の投手陣は、防御率がガラッと変わる可能性があります。まず、昨年後半まで、難病のリハビリで登板ができなかった大隣選手が完全復帰した事。武田翔太選手が日本シリーズで存在感を見せつけた事。

この2人が活躍する事で、ホークスの投手人は全体で2点台後半の防御率をキープできると思います。そこに、松坂大輔選手がそこそこ活躍をすれば、”パを独走”する可能性もあります。。

打線は、長谷川選手の故障が治り、柳田選手や中村選手が更なる飛躍を遂げれば、12球団№1の打線ですから、投打とも圧倒する事が予想されます。

不安要素を上げるとすれば、チームのバランスです。投手が有り余っていますから、ここで控えの選手が腐らないか?この1点だけが不安材料です。

rader_003

 

個人順位予想 1位(30点中28点)

オリックス・バファローズ

オフに、中島 裕之選手、小谷野選手、ブランコ選手、バリントン選手を他球団から獲得したオリックス。今年は、ソフトバンクと2強の展開が予想できます。

昨年はゲーム差なしで、優勝を逃しましたが、ここまでオリックスが強いとは誰も思わなかったのではないでしょうか?

2014年 バファローズの主なチームデータ
打率 本塁打 防御率 失点 得点 盗塁
.258 ② 110 ③ 2.89① 522 ① 584② 126②

オリックスが昨年強かったのは投手力にあります。防御率はリーグでダントツの1位だったのですが、特に中継ぎ陣が素晴らしかった印象があります。

ホールド王の佐藤選手、40Sの平野選手、比嘉選手に馬原選手。ここに先発から中継ぎに回った馬原選手とマエストリ選手が加わり、最強中継ぎ陣が形成されました。この中継ぎ陣は、長い歴史を見ても、歴代1位ではないでしょうか。

40sした平野選手が防御率3.43だったので、ここが良くもなり、更に悪くなることも考えられますが、中継ぎ陣は全体的に今年も良いと思います。

そこで、先発陣。絶対的エース金子千尋選手の残留で一気に優勝も見えてきたと思います。金子→西→ディクソン→松葉→バリントンの5枚に、新人の山崎 福也選手、吉田選手、東明選手で6番手を争う事になるでしょう。

最強中継ぎ陣+金子選手を軸としてバランスの良い投手陣。投手陣の”バランス”だけを見ると、ソフトバンクより上かもしれませんね。

中島選手と小谷野選手、ブランコ選手が加わった打撃陣ですが、起用法に一抹の不安があります。「中島選手をどのポジションで使うのか?」この1点で守備編成は大きく変わってきます。

私の理想は、ヘルマン選手を外し、外国人投手を3枚にする。中島選手をサード固定。小谷野選手をファースト、ブランコ選手をDHで起用する。

昨年、ファーストでゴールデングラブに輝いたT-岡田選手を外野で使うのに不安はありますが、これで全体の守備は安定すると思います。投手力が良いため、守備重視で打線を考えてほしいですね。

rader_004

個人順位予想 2位(30点中27点)

北海道日本ハムファイターズ

昨年、大谷翔平選手が投手として10勝をあげたことで、投手陣に軸が出来た日本ハムですが、15年も大谷選手が二刀流を継続するかにかかっていると思います。

ていうのも、今のプロ野球は絶対的エースが優勝には必要だと思います。投手人の駒が揃っていても、一人のエースの存在が特に重要です。

去年のオリックスがソフトバンクと競ったのも、金子選手の存在が大きかったと思います。大谷選手が投手1本に専念すれば、ダルさんやマー君、金子選手ようになれるのに・・と思う今日この頃です。

2014年 ファイターズの主なチームデータ
打率 本塁打 防御率 失点 得点 盗塁
.251 ④ 119 ② 3.61 ③ 569 ③ 593 ② 134①

大谷選手の二刀流はさておき、数字を見ると全体的に安定している日本ハム。1番西川選手、2番中島選手、3番陽選手は足が速く、投手からすると、塁に出ると本当に厄介な上位打線です。これを中田選手が帰すパターンが確立しています。

田中賢介選手がメジャーから帰ってきましたが、1番から4番までは、今のままを継続してほしいですね。田中選手は僕的に5番が良いと思います。田中選手はミート力に定評があるので、昔の立浪選手のようになると思います。

新外国人のハーミダとレアード選手が6番、7番を打つようだと、打線の迫力が増すような気がしますね。あと、小谷野選手が抜けたサードに近藤選手が入る事が予想されます。打線は去年よりUPの予感がしますね。

続いて投手人ですが、新人の有原選手は1年目からローテで活躍できると思います。でも、早大先輩の大石選手の例もあるので、過度な期待はできないかもしれません。

有原選手がローテ入りすると想定して、大谷選手→中村勝選手→上沢選手→メンドーサ選手→浦野選手と6枚は揃いますね。但し、ソフトバンクやオリックスと比較すると日ハム投手人は少し劣るのかなぁ~というのが感想です。

rader_005

個人順位予想 4位(30点中21点)

千葉ロッテマリーンズ

捕手至上主義の運営者は、里崎選手の引退は少し早かったような気がします。誰が、次世代の捕手になるのか、ロッテの命運がかかっていると思います。

正捕手争いは、吉田裕太選手と田村龍弘選手の争いになると思いますが、吉田選手が23歳、田村選手が20歳とまだまだ若い。でも、この2人がどれだけ成長できるのかロッテの命運を握っていると思います。

2014年 マリーンズの主なチームデータ
打率 本塁打 防御率 失点 得点 盗塁
.251 ④ 96 ⑤ 4.14 ⑥ 642 ⑥ 556 ⑤ 64 ⑤

ほとんどの成績が4位から6位のロッテは全体の改革時期にあると思います。オフに成瀬選手がヤクルトへ移籍たので、更に防御率は悪化する事が予想されます。

SPONSORED LINK

投手人の軸は、昨年新人王の石川選手ですが、2年目のジンクスもあるので過度な期待はできない状態。そこで、涌井選手への期待が高くなりますが、去年を見る限り、全盛期の涌井選手とはかけ離れている印象でした。

唐川選手や古谷選手がどこまでやるかによりますが、15年シーズンは投手の戦力ダウンは確実だと言えます。京大の田中栄佑選手を獲得しましたが、昨年の石川選手以上の期待は難しいと思います。

一方の攻撃陣ですが、キューバ出身のデスパイネが残留が決定し、4番は一応、固定できたと思いますが、他の選手を見ると、鈴木大地選手以外に楽しみな選手がいないんですよね。

首位打者を獲得した角中選手や今江選手がもう少し頑張ってくるのかなと思っていましたが、昨シーズンを見る限り3割は難しいと思います。そう考えると、ロッテはかなり厳しいシーズンになることが予想されますね。

rader_006

個人順位予想 5位(30点中14点)

埼玉西武ライオンズ

14年シーズンは5位と言う結果でしたが、西武の15年シーズンはパ・リーグの台風の目と予想します。15年シーズンはソフトバンクとオリックスの2強ですが、ここに割ってはいるのが西武だと思います。

岸選手(13勝)野上選手(8勝)牧田選手(8勝)菊池雄星選手(5勝)ですが、もっと勝てる投手陣です。特に雄星選手は、5勝止まりの選手ではない。過去の躍動感が戻れば、岸選手以上に勝てる投手だと思います。

2014年 ライオンズの主なチームデータ
打率 本塁打 防御率 失点 得点 盗塁
.248 ⑥ 125 ① 3.77 ④ 600④ 574 ④ 74 ④

昨年の前半だけを見ると、西武は本来の力を発揮できませんでした。十亀選手を抑えに持ってきましたが、十亀選手はもともと先発向きです。後半、抑えに高橋選手が定着し29セーブをあげましたが、今年は更に期待できるので、十亀選手の起用法を再度考えてほしいですね。

先発は5枚揃っているので、十亀選手をセットアッパーにしても良いと思いますが、出来れば先発に再転向させてほしいです。

ドラ1の高校生投手高橋光成選手ですが、個人的には、安楽選手よりも良いと思います。(安楽選手は将来的にマー君レベルになってくれる事を期待。)但し、現時点で西武は先発が充実しているので、1年目は2軍でも良いと思います。

続いて、打線ですが、中村選手が今年はスタートから問題なさそうですし、昨年中村選手と本塁打王を分け合ったメヒア選手がいるので、今年はかなり重みがある打線が組めそうな気がします。

更に、運営者が大注目の森 友哉と13年打点王の浅村選手がいるので、中村選手と合わせて、大阪桐蔭卒で西武の中軸が形成されます。3番栗山、4番中村、5番メヒア、6番浅村、7番森と打順を想定すると、かなり楽しみな打撃陣になりそうですね。(但し、浅村選手はサードかファーストでお願いします。)

rader_007

個人順位予想 3位(30点中21点)

楽天ゴールデンイーグルス

則本選手に次ぐ投手が定まらなかった楽天ですが、今年は更に、苦しいシーズンになりそうです。今年加入の安楽選手と松井祐樹選手に期待が高まりますね。塩見選手、辛島選手、森選手と若手に楽しみな選手がいますが、今年の戦力はどうなのか分析してみます。

2014年 イーグルスの主なチームデータ
打率 本塁打 防御率 失点 得点 盗塁
.255 ③ 78 ⑥ 3.97⑤ 604⑤ 549 ⑥ 64 ⑥

まずは、チームデータから。銀次選手が首位打者争いをした事でチーム打率は3位でしたが、走塁と得点力が優勝した年より急激に落ち込んでいます。

これは、ユーキリス選手が期待以下(.215)だった事。ジョーンズ選手が4番の働きを出来なかった事(.221)が考えられます。4番と5番候補がこの低打率だと、どうしても得点力は衰えます。

途中加入のエバンス選手、ラッツ選手と外国人を獲得しましたが、マギーの変りは務まらなかったですね。そこで今オフは誰を獲得するのか注目していたんですが、4番候補は見つかったのでしょうか。

楽天は今オフの外国人補強として、メジャー通算.打率254、本塁打61本、打点266の成績を残したキャビー・サンチェス選手とヤンキース時代イチローの同僚だったゼローズ・ウィーラー選手を獲得しています。

ちなみに、ウィラー選手はヤンキースの最終年度、29試合出場して、打率.193、本塁打2本、打点5と言う成績でした。まあ、この数字だけでは2人が活躍するかわかりませんが、外国人は使ってみるまでわからないので、今の段階では楽天の打線が上昇するかは、かなり微妙です。

続いて、投手陣ですが、松井祐樹選手、安楽選手、森雄大選手と将来のエース候補はいますが、あと2、3年は育成期間だと思います。則本選手、辛島選手、塩見選手が、どこまで活躍できるかが、来季の楽天の命運を握ります。

抑えでは広島のミコライオを獲得しましたが、広島時代、度々救援に失敗していたので、ここも安心できるとは言えません。大久保監督には、2,3年先を見てチームを作り直してほしいですね。

rader_008

個人順位予想 6位(30点中11点)

パ・リーグ順位予想 総評

どこが優勝するかわからないと言われ、ここ数年団子状態だったパ・リーグですが、今年は、ソフトバンクとオリックスの2強で間違いないです。

他4球団は将来を考えた改革時期ですが、ソフトバンクとオリックスは今がまさに成熟期です。もし、12球団でペナントを戦ったとしても、オリックスとソフトバンクが優勝争いをするのではないかと思うぐらい、この2チームは強いです。

あと、Aクラス争いで、西武と日ハムが競うと思いますが(総合分析では互角)、私的に西武が巻き返してくると思います。西武投手陣の潜在能力は日ハムより明らかに上だと思います。

楽天とロッテですが、これはもう2年3年先を見てチームを再建してほしいです。13年日本一の楽天ですが、まさか、ここまで戦力ダウンしているとは思いませんでした。楽天には楽しみな若手が沢山いるので、じっくり育ててほしいですね。

今年の見どころは、上位2チームの争いですが、パ・リーグの新たな顔になる選手が多く出てきてくれると、パ・リーグも盛り上がってくると思います。

以上です。

SPONSORED LINK

このページの先頭へ